カセットテープ

古着、音楽、喫茶店、そして嵐さん。大野さんの才能に惚れ込んでおり、二宮さんのお芝居に惹かれてます。

untitledを見た。

お久しぶりです、マンボウです。

 

『untitled』を見ました。

 

感想は一言、

 

「みなさん、ぜひ買ってください。」

 

それだけ。

 

 

いや、嘘です。(笑)

少し語らせてください。(笑)

ネタバレはしない程度に。

 

こんなに、周りの人に勧めたくなったライブ映像は久しぶりかもしれない。

ジャニーズが好きな人に関わらず、いろんな人に勧めたい。

 

(以下感想です↓)

 

 

タイトルが「untitled」とは思えないほどの完成度。

コンサートというより、ミュージカルやショーに近い感覚を覚えるセットリストや演出。

 

確実にライブは進化しているのに、

昔と全く変わらない

5人の楽しんでいる姿と関係性。

 

素晴らしかったです。

 

実際に「untitle」ライブは2回ほど

参加させてもらいましたが、

そのうち1回は1番後ろに近い本当に遠い席で。

 

それでも、会場の誰よりも満足させてもらった

と思えるような公演でした。

特に翔さんの心遣いが印象に残っていたのだけれど…

 

その理由が嵐の嵐会を見てよくわかりました。

一人ひとりがそれぞれ、

”1番後ろの人にも楽しんでもらえるように”

っていうことを常に大事にしている。

 

そこを根幹にして

演出やステージ構成などを考えているのだ、

そう思うと嵐を好きになって

本当に良かったなと思うのです。

 

 

眉間にしわ寄せて色気のあるダンスをする大野さんも、

 

ラップを含め一番攻めた歌い方をしてコンサート全体の表情を変える翔さんも、

 

会場の誰よりも楽しんで高質な歌声を届ける相葉さんも、

 

破壊力抜群の笑顔を振りまく二宮さんも、

 

ライブの世界観を創り上げ、本番は嵐の一人としての表現を全うする松本さんも、

 

本当にすごい。

 

 

外野からなんと言われようと、

 

見てくれる人のことを一番に考えて、

でも絶対に守りの姿勢には入らない、

最高のパフォーマンスをしてくれる。

来た人を必ず幸せにしてくれる。

 

そんな5人だから、ここまで来れたんだと思います。

 

 

 

ありがとう、

 

君といたすべての奇蹟に!

 

 

 

 

 

 

☺︎

 

次回⇨「嵐の嵐会」感想!