カセットテープ

古着、音楽、喫茶店、そして嵐さん。大野さんの才能に惚れ込んでおり、二宮さんのお芝居に惹かれてます。

11年。

タイトルはファン歴です。

嵐さんの。

 

私がこんなに長く好きでい続けられたものは

他にはないと思います。

なんでずっと好きでいられるんだろう。

自分でもわからない。

 

嵐を好きになる前までは、

ジャニーズ自体にあまりいい印象を持っていませんでした。

 

アイドルに関わらず

堂々とキラキラできる集団や、

自分に自信がある人達に

キャーキャーいうもんか、

憧れるもんか、

って思うようなひねくれた子供でした。(笑)

 

 

小学生の時に近所のお姉さんに勧められた

二宮くんの「虹」に感動し、

嵐の番組をよく見るようになったのですが、

 

本格的に応援したい、

と思うようになったきっかけは

 

2007年5月6日放送の

情熱大陸

 

アイドルらしくない5人に親近感を抱いていたのに、

密着映像の中で

 

「アイドル」であること

「嵐」であることに

 

執着し、闘志を燃やす姿。

 

衝撃を受けました。

 

「なんかジャニーズってダセーよなって
言われると、すごくやりがいが
出てくるんだよね」

 

「反発されてる方が、いやすいんですよ」

 

ジャニーズという存在をバカにする者、

そういった存在をきちんと把握した上で、

それでもアイドルでい続ける。

 

仕事への誇りと、

生半可ではない覚悟を感じました。

 

初めて人生で、

身近ではない存在に対して

尊敬や憧れを感じた瞬間、なのかな。

 

そこから、多分そんなに時間もかからず、

他の4人の人間性の凄さにも気づいて、

どんどん夢中になっていったのだと思います。

 

 

10代前半は恋心のようなものを

抱いたこともあったし、

スキャンダルに絶望したような時期がありました。

 

今は正直、

お仕事以外の私生活に対しては

何も求めてません。(笑)

(むしろ、どんどん結婚してほしい派)

 

プロのアイドルとして、

いや 今はプロの「嵐」という表現者として、

というべきかな。

 

十数年前の発言と同じように、

自分たちの仕事に誇りを持って、

嵐がメンバーを大事に思っていてくれれば、

それでいい。

 

それについていくだけです。

 

 

なんで嵐を好きになったきっかけを

ふと思い出したのかというと、

 

最近ブラックペアンの二宮くんの密着を見て、

あの時の情熱大陸と重なったから

 

でした☺︎

 

根底は、何も変わっていなかったな。

 

だからこそ、ずっと尊敬できる存在なのかもしれない。

 

 

ブラックペアン、第6話も面白かった〜!